高い専門性に培われた管理運営アドバイス、オーナー様の経営代行として、オーナー様の利益を最大化するサポートをいたします。

平均入居率96%の管理方式でアパート経営を全面的にサポート!! 武蔵コーポレーションの賃貸管理

お電話でのお問合せ 0120-188-634 ご入居者様向けのHPはこちら TEL:048-658-4333|お部屋のトラブル・契約・解約・お支払

管理のご相談はこちら

ホーム > オーナー様の利益を最大化する「武蔵流リフォーム」

オーナー様の利益を最大化する「武蔵流リフォーム」

武蔵野リフォーム

オーナー様の利益を最大化する武蔵流リフォーム事例公開!!

  • 現状回復工事
  • 大規模修繕工事
  • リノベーション工事

当社のリフォーム工事に対する考え方

  • 費用対効果の視点

    アパート経営において利益を最大化するためには、どのようにリフォーム工事(改修工事)を行うかが非常に大きなポイントになってきます。利益最大化のためには、収入を最大化し、支出を最小化する必要がありますが、支出の大きな割合を占めるのがリフォーム工事だからです。
    アパートのリフォーム工事には、原状回復工事、大規模修繕工事(屋上防水、外壁塗装、給排水管入替など)、小規模工事などありますが、全てに共通して費用対効果という考え方を道いることが必須です。
    収益物件(アパート・マンション)は自分で住む物件でない以上、どれだけの投資に対してどれだけのリターンが得られるかという視点ですべてを判断すべきであるというのが当社の考え方です。リターンの有無、さらには程度に応じてコストをかけていく(工事をしていく)ということになります。
    ちなみに自宅は自分が満足するかどうかですので、費用対効果という視点とは異なります。自己満足の視点になります。

  • 現状復旧工事とUPグレード工事

    工事の考え方として、原状復旧工事とUPグレード工事に分けられます。壊れたものをもとに戻すのが原状復旧工事、現状をより良いものに変えるのがUPグレード工事。例えば、給水管の水漏れを直す工事は原状復旧工事ですし、室内にカラーモニターフォンを新設する場合はUPグレード工事になります。
    するとお分かりの通り、原状復旧工事は必ずやらなければいけないもの、UPグレード工事は費用対効果を考えて、効率が良いと思った時にやる工事であるということになります。

  • リフォーム利回り

    UPグレード工事においては、費用対効果が重要であると書きました。
    具体的には、その投資(工事)によってどれだけの効果が上がるのかを利回りという指標を使って判断することで、
    やるべきかどうかがはっきりとしてきます。

  • 武蔵流リフォーム

    ということで当社は管理会社として、数多くの事例から費用対効果の高い工事に絞ってオーナー様にご提案しています。
    リフォーム工事の内容によって賃料に反映されるものとされないもの、入居の促進に効果のあるものとないものに分かれます。
    効果のないものにコストをかけるのは非常に馬鹿らしいと考えています。

  • 工事業者について

    工事代金ほどあてにならないものはありません。
    同じ工事なのに、A社が100万円 B社が50万円 なんて言うことは日常茶飯事です。
    値段もバラバラですが、その質もバラバラです。
    「高すぎてはいくら質が良くても費用対効果が悪い」ですし、「安かろう悪かろう」では結局高く付きます。

    当社は埼玉県内の工事業者さん数社と包括的提携関係をもち、低コストで高品質な工事を施行してくれる会社をピックアップしています。埼玉という土地柄コストも抑えられた工事が可能です。

オーナー様の利益を最大化する武蔵流リフォーム事例公開!!

  • 現状回復工事
  • 大規模修繕工事
  • リノベーション工事

まずはご相談下さい! 0120-188-634 お問合せはこちら

管理に関するお問合せはこちら